ゴシック素材にはレースありき?

・ゴシック素材にはレースありき?
ダークでカルトな素材、悪魔、吸血鬼、妖精、十字架、マリア、廃墟、植物などゴシックカルチャーで用いられている素材のことをゴシック素材と呼んでいます。また、フリーの素材も多くみられるほか、素材データ集なども発売されています。
株式会社セルシスが運営しているサイト「創作活動応援サイトCLIP」で「ゴシックレース」で素材を探してみますと、さまざまな素材を見つけることができます。「衣服や小物の装飾に活用できるレース素材」、「衣服の柄などに使えるゴシック様式とは関係ないオリジナルなゴシック調レース素材」、「リボンのように繋げて描くゴシック系ブラシ素材」などさまざまなレースデザインの素材があります。
これらのゴシック素材を使用したレースチョーカーなども販売されています。ブラックレースのベルトと金色チャームがゴシックファッションにもぴったりです。ベルトの長さはアジャスターによって調節でき、大人っぽくゴシックファッションを楽しむアイテムとなっています。

・ゴシック素材に薔薇が多い理由
ゴシック&ロリータファッションでは、黒を基本にした洋服で、レースやリボンやフリルの装飾が特徴です。そして退廃的なイメージで、18世紀頃のゴシック趣味なものを好み、薔薇や悪魔、吸血鬼、十字架、人形、闇、城などをイメージする素材を愛好しています。
ゴスロリのヘアアクセサリーには、カチューシャやボンネット、ミニハットを合わせることが定番ですが、それらのアイテムには薔薇のコサージュが付いているモノが多く、ゴスロリファッションには薔薇の素材は欠かせません。例えば、ゴスロリ系レースカフスなどにも薔薇柄のチュールレースや綿レースを使用しているモノがあります。

・ゴシック素材の豊富さ
「デザインの現場で役立つゴシックアート素材カタログ」などのデザイン集を見ると、ゴシック素材の豊富さに驚きます。この素材カタログには、合計で1000を超えるゴシックアート素材が収録されています。PNGデータやIllustratorデータとして収められていて、組み合わせても使えるので、ゴシックデザインを勉強するには最高の1冊です。素材は、映像や雑誌、Webなどにも使えるので便利です。2011年2月1日に発売された大型のデザイン本でインフォレストから出版されています。
また、「ゴシック調デザインパーツ素材集」というダウンロード素材集にも豊富なゴシック素材があります。このダウンロード版は、2,036円という価格でダウンロードできるほか、324円を追加するとDVDバックアップ商品もあります。ゴシック調のレース・クラウンのデザイン素材が収録されています。素材は、PNGとIllustratorデータですが、商用利用も可能で加工もできます。マンガの素材として、イラストの素材として、さらにゲームの素材として利用できるゴシック素材が豊富に揃っています。
このほかにも、インターネット上にフリーのゴシック素材がたくさんあります。